水の基礎知識1

mineral

良く言われるミネラルって?

天然水に含まれている代表的な成分が「ミネラル」です。
人体を構成する「5大栄養素」のひとつで、私たちの体内で色々な役割を果たしているのです。
お水に含まれるミネラルの効果について、解説します。

カラダをつくる5大栄養素

「ミネラル」は、たんぱく質や脂質、炭水化物、ビタミンと並ぶ5大栄養素のひとつで、人体に存在するもののうち炭素、水素、窒素、酸素を除いたものを指します。
その中でも、体の機能維持や調節といった重要な役割を果たすミネラルが「必須ミネラル」です。さらに、この必須ミネラルのうち、カルシウム、マグネシウム、リン、カリウム、ナトリウム、硫黄、塩素の7つが「主要ミネラル」、鉄、銅、ヨウ素、マンガン、セレン、亜鉛、クロム、コバルト、モリブデンの9つが「微量ミネラル」と呼ばれています。

5大栄養素 ビタミン、炭水化物、脂質、タンパク質、ミネラル

ミネラルの効果

  • カルシウム

    カルシウム

    カルシウムの働きというと骨を作ることが有名ですが、それ以外にも血液の凝固作用や筋肉の収縮作用にも欠かせないものです。また、神経の興奮や血圧をコントロールする効果もあります。カルシウムが不足すると、骨粗しょう症や痙攣などが起きたり、イライラや動悸、息切れといった症状が現れたりすることもあります。

  • マグネシウム

    マグネシウム

    成人の体内に30gほどあるマグネシウムは、頭骨や骨格を構成する成分としての役割や、たんぱく質を合成する作用などがあり、神経や筋肉の興奮や緊張を正常化する働きもあります。体内で微量しか存在しないマグネシウムですが、不足するとイライラ、手足のふるえ、痙攣、不整脈、心臓発作、歯の形成不全など、体のバランスが大きく崩れる原因となります。

  • リン

    リン

    体内にあるリンのうち80%はリン酸カルシウムとして、骨や歯の形成に使われています。また、残りは腎臓と心臓の働きや脳や神経の伝達といった役割も。リンが不足すると、疲労感や食欲不振、骨粗しょう症、関節炎、筋力や集中力の低下、体重の減少など深刻な症状が現れます。

  • カリウム

    カリウム

    カリウムの主な役割は、細胞内液の浸透圧の調整、筋肉の収縮や神経の刺激伝達などです。不足することによって、倦怠感やめまい、吐き気、しびれ、不整脈、高血圧をはじめとする深刻な症状が現れることもあります。

  • ナトリウム

    ナトリウム

    ナトリウムの主な役割は、体液浸透圧の維持、神経の刺激伝達、食欲の増進などです。ナトリウムが不足すると血圧低下や吐き気、頭痛、目眩、疲労感などの症状が現れますが、反対に過剰に摂取しすぎると高血圧や動脈硬化といった深刻な症状の原因となることもあります。

  • 硫黄

    硫黄

    硫黄は健康な毛髪や皮膚、爪、軟骨、骨、腱などを作るのに必要な成分です。不足することで、髪の抜け毛、皮膚炎やシミの原因となったり、爪がもろくなる原因にもなります。

  • 塩素

    塩素

    塩素には胃酸の成分になったり、肝臓の働きを助けて体内の老廃物を除去したりする役割があります。普段の生活では充分に足りている成分ですが、下痢をした時や、大量に汗をかいた時には塩素が不足してしまうこともあります。

ミネラルは体内で合成することができない栄養素ですので、食品などから摂取する必要があります。
不足すると様々な健康トラブルの原因となりますので、食品だけでなく毎日飲むお水からもミネラルを補給していきましょう。

最近ペットボトルのミネラルウォーターの普及とともに水の情報が多く流れるようになりました。
次に水の知識と力を皆様にお伝えいたします。

体内を水分で満たすためには1日1.5から2リットルの水が必要と言われています。
水選びのポイントは水道水では塩素など殺菌されているので決して良い水ではないと思います。

ミネラルウォーター

熱処理加熱処理など水の構造そのものを熱によって変化します。
加熱すれば菌はいなくなりますがおいしさの決め手となる酸素炭酸ガスが失われてしまいます。
選ぶなら加熱処理していないものを選ばれた方が良いと思います。

硬度とは

水1リットル中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を数値化したもの。

カルシウム
マグネシウム
軟水
その含有量が少ないものは体に負担をかけない
硬水
含有量が多い水は積極的に体を強化する

どちらを選ぶかは「おいしい」と感じる水を選びましょう。

WHO世界保健機関が定めた基準

1Lあたりに溶けているカルシウムとマグネシウムの量
WHOの定義
60mg/l 未満
軟水
60mgから120mg/l
中程度の軟水
120mgから180mg/l
硬水
180mg/l以上
高硬水

硬水

硬水は血液をサラサラにする効果があると言われています。動脈硬化予防心筋梗塞や脳梗塞のリスクを減らすことが期待されています。

メリット
マグネシウムは下剤に使われることもあり消化器系に影響を与えて便通を良くする効果が期待できる。便秘が改善されるケースもあるダイエット向き。
デメリット
胃腸の弱い人やお腹が緩くなってしまうこともあるので注意。

軟水

ミネラルには便秘やむくみの解消筋肉の痙攣や足がつるのを予防する効果がある。

メリット
赤ちゃんや子供には体に優しい軟水を軟水は肌や髪に優しく体や髪を洗っても心配は無い泡立ちが良い。
デメリット
ミネラルは補給ができない。

「ph値」

「ph値」は水素イオン濃度を表す指数。

健康の人の体液はph7.4くらいの弱アルカリ性なのでアルカリ性の水との相性が抜群。
疲れて酸性に傾いた体を弱アルカリ性に戻すのに有効です。
新陳代謝を高め体の不調の改善や美肌効果も期待できますアルカリ性の水には活性酸素を抑える働きもあるのでアンチエイジングにも効果的です。

PH測定範囲

具体的な水の活用

現在糖尿病の患者数は約3,000,000人に達し糖尿病予備軍約20,000,000人とも言われています。糖尿病は隙によって発症リスクが高まり活性酸素が糖尿病の発生に深く関わっていると言われています。インスリンを分泌する膵臓のβ細胞を傷つけるインスリンの分泌量が減ってしまう。
そこでお勧めする水はアルカリイオン水です。水を電気分解で還元水として製造します。ズバリはミネラル豊富な硬水。

酸化還元水の電位は
zeta電位で表現します。

水道水の酸化還元電位(ORP)は平均プラス600mVと言われています。
酸化還元電位とは酸化還元反応の程度を電位(mV)で表したもので、数値が高いほど酸化力が強く、低いほど還元力が強いことを表しています。体内で流動している水は酸化還元電位の平均マイナス400mVと言われています。
そこに水道水の平均プラス600mVが加われば障害が生じることでしょう。いかに体にとって有害な水を私たちは毎日摂取しているのかと恐ろしくなります。水はプラス300mVを超えると急激に酸化します。
酸化還元水とはミネラルを豊富に取り入れた精製水のマイナス200~プラス300mVの水です。
酸化還元水の酸化とは錆びる、腐るなどの意味を表し、還元とは元に戻す意味で、体で言えば原型である健康体に戻すという意味が込められています。